<

新発見! お餅はフライパンで焼く

http://yasu-yasutan.hatenablog.com/entry/2019/01/08/105839

 

地方よくあるお話で毎年恒例

年末に両実家から大量のお餅が届きます

ありがたい限りです

 

離れて暮らしているのに

おすそ分けをしてくれる両親へ感謝!

 

年始・お正月[晴れの日に]

硬い物食べて長寿への願掛けをし

さらには神様からパワーを分けてもらうのよと・・・。

そのような意味合いを込めて

送ってくれているのであろうと

 

言葉にはしませんが

ふむふむと思いながら

食べている次第です

 

 

 

あまりにも

大量に貰うもんで

常温保存ができないため

必然的に冷凍保存になってしまいます

 

つまりは

冷凍庫がお餅でお祭り状態です

 

ガラララーーーっと引き、

冷凍庫上段をガバーーー

って押し開けると

ジップロックに綺麗に並べられたお餅が

顔を見せてくれます

 

やぁ!おはよう!

今日もお餅食べてくれるよね?

餅の妖精がささやいてるような声が聞こえてきます

 

そう

餅に悩まされる1ヶ月が

始まってしまうんです

 

新年早々に晴れの日の食べ物に悩まされるなんて

わらっちゃいますよね。。www

 

 

ここ数年

食べる事に関して

特に疑問に思ったこともなかったのですが

 

ふと思いつき

お餅ってフライパンでそのまま焼いたら

どうなるの?

 

脳内会議としては

・失敗する

・とにかくひっつく 掃除が大変

・焦げる

・部分的にしか食べられない

・硬い

・美味しくない

 

とりあえず ダメ

でまとまった。笑

 

 

しかーーーーし!

こうなると奥の手の

グーーーーーーーーーーーグルーーーーーーー!

検索!!!

 

 

あるかあるかと期待していると

普通にあったーーーーーー!

そして良い事しか書いてないっていう衝撃!

 

一番心配していた

フライパン問題

 

まったくつかないらしい

うそでしょーーーーーー!www

掃除・片付けに悩まされないならやるっきゃない

 

よーーーし実践~!(^^)!

 

ここでの気を付けポイント☆

・冷凍お餅は電子レンジで少しぷにぷにするくらいになるまで温める

・窓から目を離さない事

・あたためすぎると餅がアメーバ状態になってしまう

 

その後はフライパンで片方ずつ弱火で両面焼き色がつくまで焼く

ぺちゃんこなお餅がふっくらおやきみたいにぱんぱんになります

網で焼くようなプクーーって膨れる事もなく

めちゃくちゃ良い状態に焼きあがります。

 

どうなるのかドキドキでしたが

ぱんぱんな感じがかわいいって思えてきた (*^_^*)

 

 

味付けに悩んだ末

焼き餅からの黄粉&餡でやってみました

 

外パリ! 中アツホワホワ!

 

マジカ! 超絶ウマ!

 

煮てあるとどうしても重たく感じるお餅が

飽きることなく 軽い感じで食べられる!脳天衝撃!

お餅本来(お米)の甘みも旨味も感じられたような気がした

 

 

 

いままでアレンジとしていろいろ試してみたのだけれど

味はあっても

所詮はお餅 おしゃれな名前してるけど ベースはお餅

お餅ピザに関しては名前だけ

やらない方がいいと思えるほど苦痛だった ※個人の感想です。

 

 

このフライパンでお餅なら

飽きることなく食べられそうで

煮る工程よりも洗い物も少なくて良いなと思いました

 

雑煮に関しては実家で食べるのが一番美味しいと思っているので

今後も母に作っていただくのが最善かな 笑

 

 

 

きっとそうだ

明日の朝食も お餅 w